バス情報トップ >  車内事故防止
 
車内事故防止

いつも宮崎交通をご利用いただき誠にありがとうございます。


 


日本バス協会【緊急安全情報】 http://www.bus.or.jp/kinkyu/anzen002.html

■ バスに御乗車のお客さまへのお願い

◆走行中には席を離れずに、急ブレーキにもご注意ください。

乗務員におきましては、お客さまがご着席後に発車する「ゆとり運転」を励行するなど安全運行に心掛けておりますが、
停留所や交差点信号等の道路状況で、発車停車時に動揺(ゆれ)が生じ、やむを得ず急ブレーキを掛ける場合がございます。
走行中に席を離れると、転倒などにより思わぬけがをする場合がありますので御注意願います。
また、安全運行の観点からも車内マナーについて、お客さまのご理解と御協力をお願い申し上げます。
  • 空席がございましたら、着席をお願いします。
  • 両替、バスカードへの積み増しは停車中にお済ませ願います。
  • お降りの際は、バスが停留所に着いてドアが開いて(完全に止まって)から、席をお立ち願います。(停留所に近づいても、バスのドアが開くまで、そのまま席でお待ちください)
  • 車内混雑、満席により、車内でお立ちになって御利用いただく場合には、吊革や握り棒にシッカリおつかまり願います。
  • お体の不自由な方、御高齢の方、お怪我をされている方、妊娠されている方、小さなお子様連れの方にお席をお譲り願います。
  • 二人掛け席では、荷物等による座席の占有はご遠慮願います。おひとりでも多くのお客さまに着席していただけますよう御協力願います。
  • 貸切バスや高速バスを利用するときは、必ずシートベルトを締めてください。
お客さまにおかれましても、バス車内での転倒事故の防止に御理解ご協力をお願い申し上げます。



■ ドライバーの皆さまへのお願い

バスは車内乗客の打撲、追突接触事故防止のため、車間距離を多くとって運行しておりますが、「無理な割り込み」や「急な飛び出し」などによる事故を回避するための急ブレーキが、車内での乗客の転倒など思わぬ負傷事故を誘発する要因ともなっております。
  • 停留所付近では、危険を防止する等の場合を除き駐停車を御遠慮ねがいます。
  • 停留所から発車しようと右側にウインカーを出しているバスに進路を譲ってください。
皆様の優しい運転でバスの車内事故防止にご協力をお願いします。




『なくそう!バス車内での転倒』(PDF)も併せてご覧ください。




 
RSS一覧バス新着情報

 

PAGE TOP